わかめは薄毛に効果なし!?海藻が発毛に効くのか検証

奥様
奥様

ほら!海藻は髪の毛にいいんだからいっぱい食べなよ!

 

若ハゲ丸
若ハゲ丸

海藻を食べると育毛に効くのって本当なの…?あんまり関係なさそうだけど。

 

ということで、今回の記事では巷でよく言われる「海藻は育毛に効くのか?」について解説していきたいと思います。

 

そもそも髪の毛は何で出来ているのか?

頭の毛を含め、全身に生えている毛の主成分は「タンパク質」

人間のカラダの大部分が水分とタンパク質で構成されていることから想像がつきますが、毛髪成分の80%はタンパク質で構成されており、その次に水分(12%)、メラニン色素(4.5%)、脂質(3.5%)となっています。

毛髪の80%がタンパク質で出来ていることから、タンパク質を欠かさず摂取することが重要そうですね。

尚、筋肉や肌、爪などもタンパク質で構成されておりますので髪の毛のみならず、カラダ全身にとってタンパク質を摂取することは重要です。


 

海藻の栄養価

我々日本人がよく食べるわかめや昆布、もずくなどの栄養価は以下の通り。全て可食部100gあたりの栄養価となります。

いずれもタンパク質、カリウム、リンなどを含んでいることがわかりますね。しかし、海藻によってかなりバラつきがあり、焼きのりは100gあたり41.1gもタンパク質を含んでいる一方、生わかめはわずか1.9gと種類によって栄養価に偏りがあることがわかります。


(https://www.kitchen-umi.jp/nutritional_09.php)

 

これを見るとわかる通り、青のり、焼きのりは100gあたり30~40gもタンパク質を含んでいる高タンパク食品であることがわかりますね。

ちなみに、タンパク質を多く含む食品としては他にこのようなものがあります。

生ハム

24g

鶏ささみ

23g

牛もも肉

21g

いくら

33g

魚肉ソーセージ

12g

イワシ

33g

卵黄

17g

ゆで卵

13g

納豆

17g

厚揚げ

11g

豆乳

4g

牛乳

3g

ヨーグルト

4g

(いずれも100gあたりのタンパク質含有量)

この中ではイワシといくらが100g中33gと非常に多くのタンパク質を含んでおりますが、青のり、焼きのりもほぼ同じ量のタンパク質を含んでいるので相当に高タンパク食品ということがわかりました。

 

では薄毛に…効かないの?

青のり、焼きのりが非常に多くのタンパク質を含んでいることはわかりましたが、これが薄毛に直接効果があるのかについてはお待ちください。

というのもタンパク質そのものには発毛効果は特段無いためです。

先述の通りタンパク質は髪の毛の80%を占める非常に重要な栄養素ではあるのですが、発毛を促す成分ではないです。

実際に発毛を促す成分としてはミノキシジルやフィナステリドなどがありますが、これらは直接毛根に作用したり、ホルモンを介して作用することで髪の毛の発毛を促します。タンパク質はあくまでも髪の毛の原料となる成分であるため役割が異なるのですね。

ただし、ミノキシジルやフィナステリドをどれだけ摂取したとしても、髪の毛の原料となるタンパク質が足りていなければそもそも発毛しようがないため、発毛にとって非常に重要な役割を果たしていることには間違いありません。

なので海藻の髪の毛への効果としては「発毛効果はない、ただし髪の毛の原料となるタンパク質を多く含んでいるため摂取したほうが良い」という結論になるのではないかと思います。

この髪の毛の原料になるという部分において海藻は非常に優秀な高タンパク食品ですが、それが少し違った意味で伝えれた結果、「海藻は薄毛に効果がある」という話になったのではないかと思います。

 

ミノキシジルの効果と副作用。購入先についても解説!
若ハゲ丸 AGA治療に有効なミノキシジルという薬。発毛効果がものすごい攻めのAGA治療薬です。 奥様 いつも寝る前に飲んでるやつね…。 若ハゲ丸...

 

フィナステリドの効果と副作用。フィンペシアなどジェネリックについても解説。
若ハゲ丸 AGA治療に有効なフィナステリドという薬。脱毛を防ぐ守りのAGA治療薬です。 奥様 いつも寝る前に飲んでるやつね…。 ...

 

 

では海藻を食べまくりますね!

海藻の中でも青のり、焼きのりは多くのタンパク質を含んでおり、またカリウムやリンなどといったカラダに良い成分も含んでいるので非常にいいことだと思います。

ただし、本当に海藻を100gも食べられますか??

例えばこちらのお味噌汁。あおさ(青のり)を使ったお味噌汁なのですが、4人分でわずか4gしか青のりを使っていません。

そう、料理をする方ならイメージできるかと思いますが海藻類は軽いわりに分量が多いのです。ですので海藻を100gも食べるなんて超大変。そんなに絶対食べられないですよ。


(https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/703557/)

 

海藻の中でも青のり、焼きのりは非常に多くのタンパク質を含んでいるのですが、量を食べられないという点に注意しなければなりません。

例えばイワシは青のりと同じく100gあたり30g程度のタンパク質を含んでいますが、イワシの100gは簡単に食べることができますよね。

またイワシには劣りますが鶏ささみ肉なんかも100gなんてすぐに食べれてしまいます。(コンビニに売っているサラダチキンがちょうど100gくらいです)

つまり海藻は高タンパク食品で非常にいいのですが、本当に必要な量を食べられるのかという点に注意しなくてはなりません。

そもそもタンパク質さえとれればよいので海藻に限らなくてもよくて、他の高タンパク食品を取っていれば髪の毛の材料としては十分なのです。

本当に髪の毛を生やすということであれば日本皮膚医科学会で認められているミノキシジル・フィナステリドを服用するのが一番ですね。

 

フィナステリド・ミノキシジル併用時の効果や飲み方、副作用は?
  高い発毛効果があることで知られるフィナステリド×ミノキシジルの組み合わせ。 この記事ではフィナステリドとミノキシジルを併用した場合の効果、飲み方、副作用や実際の発毛効果について解説していきます。 ...

 

 

まとめ

青のり、焼きのりは優秀な高タンパク食品!でも発毛には効果なし
・ 髪の毛の80%はタンパク質。髪の毛の原料となるタンパク質の摂取は非常に重要
・ 海藻の中でも青のり、焼きのりは100gあたり30-40gのタンパク質を含む非常に優秀な高タンパク食品
・ しかし、あくまでもタンパク質は髪の毛の材料で発毛効果はない
・ また青のり/焼きのりを100gも食べるのは大変。タンパク質さえ摂取できれば良いので他の食品で代替可能髪の毛を生やすならミノキシジル・フィナステリド
・ 発毛を考えるのであればミノキシジル・フィナステリド
・ 日本皮膚医科学会で認められているきちんとした治療が薄毛には効果あり

 

奥様
奥様

なるほど。海藻は髪の毛の原料だけど、発毛効果はないのね。

若ハゲ丸
若ハゲ丸

そうなのです。なので巷で言われている「海藻は薄毛に効く」というのはある意味一部正しくて、一部間違っているという感じなのですね。

今回も最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました