薄毛、AGAの治療費は保険の対象外?医療費控除は適用できるのか?

AGAを治療するにあたって気になるお金のこと。

 

AGA治療は健康保険の適用範囲内なのか、あるいは医療費控除の対象にできるのか、といったところは気になりますよね。

 

果たしてAGA治療は健康保険、あるいは医療費控除の対象なのでしょうか?

 

基本的には健康保険の適用範囲外

 

クリニック等の医療機関でAGA治療を受けた場合であっても基本的にAGA治療は健康保険の適用範囲外となります。

 

残念ながらAGA治療はレーシックや歯列矯正などと同じく自由診療扱いとなってしまうためです。

 

また保険診療とは異なり、自由診療の医療費は病院側で自由に決めることができるため治療費についても比較的高額になるケースが多いです。

 

例えばDクリニックの場合、フィンペシア・ミノキシジルの服用という一般的なAGA治療を開始した場合、おおよそ月に27,000円かかる計算となり、年間では30万円以上もの費用が発生します。

 

Dクリニックの訪院記についてはこちら。

https://hage-chiryo.com/aga院にいってみた/d-clinic/

 

このようにAGA治療はそれなりに負担が発生してしまうため、金銭面がネックとなり治療を始めることができない方や、一時中断してしまう方も多いそうです。

 

では少しでも支出を抑えられるよう、AGA治療においては医療費控除が適用できるのでしょうか?

 

 

AGA治療における医療費控除

その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。
国税庁HPより)

「医療費控除?」となったそこのあなた。これまで健康に過ごしてきており、多額の医療費を支払ったことがない方にはあまり聞きなれない言葉だと思います。

 

平たく言えば、「ある一定期間内に医療費を10万円以上支払った人に対し、10万円を超えた部分については200万円を限度として税金を減らしてあげますよ」という制度です。

 

AGAには健康保険が適用されませんが、治療目的の医療行為は医療費控除の対象となるためAGA治療にかかった費用も含められる可能性があります。

 

医療費控除の対象となる医療費行為には主に下記のようなものが挙げられます。

  • 病院での診療費/治療費/入院費
  • 医師の処方箋をもとに購入した医薬品の費用
  • 治療に必要な松葉杖など、医療器具の購入費用
  • 通院に必要な交通費
  • 歯の治療費(保険適用外の費用を含む)
  • 子供の歯列矯正費用
  • 治療のためのリハビリ/マッサージ費用
  • 介護保険の対象となる介護費用

一方で医療費控除の対象とならない医療行為もあり、下に挙げるものは対象外となります。

  • 人間ドックなど健康診断の費用
  • 予防注射の費用
  • 美容整形の治療費用
  • 漢方薬やビタミン剤の費用
  • マイカー通院のガソリン代や駐車料金
  • 里帰り出産のための実家への交通費
  • 自分の都合で利用した差額ベッド代

 

ここでのポイントは同じ自由診療であるにも関わらず、歯列矯正は医療費控除の対象である一方、美容整形の治療費用は医療費控除の対象外であるという点です。

 

税理士ドットコムのサイトには「AGA治療費は医療費控除の対象となりうる(ただし税務署次第)」と記載されており、実際に適用されるか否かについては税務署に確認する必要があるようです。

 

尚、Dクリニックの場合には明確に「保険適用外の自由診療ですので、原則として医療費控除の対象にはなりません。」となっており、医療費控除には入らないと規定されています。クリニックが明確に言うということは医療費控除は難しいのかもしれません…。

 

 

AGA治療はお金がかかる

 

AGA治療は保険適用外、かつ医療費控除の申請も難しいことからクリニックで治療を希望する際にはある程度の出費が必要となってしまいます。

 

AGAは進行性ですのでできるだけ早く治療を開始することが重要ですが、金額面でためらうのは仕方ありませんね…。年間30万円近くの出費はなかなか難しいと思います。

 

クリニックの中で湘南美容クリニックのように安いところに通うか、それとも海外通販で直接フィンペシアやミノキシジルを購入するのが一番安くすむ方法のようです。

 

湘南美容クリニックの訪院記はこちら。

https://hage-chiryo.com/aga院にいってみた/shonan-aga/

 

 

尚、今回はAGA治療費を中心として記載しておりますが、円形脱毛症やびまん性脱毛症といった脱毛症にかかる治療費は保険対象かつ医療費控除の対象ですのでその点についてはご留意ください。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました